社会福祉法人ゼノ少年牧場

 法人の沿革

1962(昭和37)年
4月23日
社会福祉法人「ゼノ」少年牧場設立認可(厚生大臣)

1962(昭和37)年
5月1日
知的障害児施設「ゼノ」少年牧場設置経営認可(県知事)
(開設時:定員40名)
1968(昭和43)年
5月1日
施設名称『「ゼノ」やまびこ学園』と変更。(変更後:定員80名)

1971(昭和46)年
4月1日
ちとせ保育園開設(開設時:定員120名)

1971(昭和46)年
5月1日
学園内に町立千年小・中学校特殊学級開校(県下初)

1974(昭和49)年
4月1日
松尾保育園開設(開設時:定員60名)

1975(昭和50)年
4月1日
知的障害者通勤寮 通勤センター青雲寮開設(開設時:定員30名)

1976(昭和51)年
4月1日
知的障害者更生施設 翠ヶ丘成人寮開設(開設時:定員30名)

1977(昭和52)年
11月1日
知的障害者授産施設 あかつき授産所開設(開設時:定員20名)
(その後施設名称『社会就労センターあかつき』と変更、変更後:定員40名)
1978(昭和53)年
5月1日
難聴幼児通園施設「ゼノ」こばと園開設(開設時:定員30名)

1979(昭和54)年
4月1日
学園内に県立福山養護学校沼隈分級独立
(2年後分校に昇格、7年後独立・町内新築移転)
1983(昭和58)年
4月1日
「ゼノ」総合研究所開設

1983(昭和58)年
6月21日
翠ヶ丘成人寮付属診療所開設(現在は、『「ゼノ」診療所』と名称変更)

1985(昭和60)年
4月1日
知的障害者福祉ホーム 自立ホーム白雲荘開設(開設時:定員10名)

1986(昭和61)年
6月10日
自立センター『あかつきふれあいの家』開設

1989(平成元)年
4月1日
知的障害者地域生活援助事業 「ゼノ」第1グループホーム開始(開設時:定員4名)

1990(平成2)年
7月1日
知的障害者地域生活援助事業 「ゼノ」第2グループホーム開始(開設時:定員4名)

1992(平成4)年
4月1日
知的障害者地域生活援助事業 「ゼノ」第3グループホーム開始(開設時:定員4名)

1993(平成5)年
6月1日
生活実習ホーム『すみれのおうち』開設

1993(平成5)年
10月1日
地域生活支援事業 通勤センター青雲寮内に『生活支援センター』開設

1994(平成6)年
11月10日
「ゼノ」総合診療所内に歯科診療所開設

1995(平成7)年
4月1日
知的障害者地域生活援助事業 湯野ホーム開始(開設時:定員4名)

1996(平成8)年
4月1日
知的障害者地域生活援助事業 あじさいホーム開始(開設時:定員4名)

1998(平成10)年
4月1日
知的障害者デイサービス事業(沼隈町委託)広島県が認可する
放課後児童健全育成事業(沼隈町委託)ちとせ学童クラブ・
まつお学童園開始
2000(平成12)年
9月1日
児者転換により「ゼノ」やまびこ学園児童部(開設時:定員20名)
「ゼノ」やまびこ学園成人部(開設時:定員50名)となる
2000(平成12)年
10月1日
「ゼノ」こばと園 広島県より障害児(者)地域療育等支援事業を受託
(現在は、『障害児等療育支援事業』と変更)
2002(平成14)年
4月1日
地域生活支援センターぬまくま開設
・社会就労センターわかば(開設時:定員25名)
・生活支援センターほほえみ(通勤センター青雲寮内より移設)
・すみれのおうち
2003(平成15)年
9月30日
知的障害者更生施設 翠ヶ丘成人寮廃園

2003(平成15)年
10月1日
知的障害者更生施設 「ゼノ」なごみの家開設(開設時:定員40名)
知的障害者地域生活援助事業 ホーム夕日開始(開設時:定員4名)
2003(平成15)年
11月1日
知的障害者地域生活援助事業 わこうどホーム開始(開設時:定員5名)

2004(平成16)年
4月1日
知的障害者通所授産施設 社会就労センター・バク開設(開設時:定員30名)

2005(平成17)年
2月1日
知的障害者地域生活援助事業 「ゼノ」第6グループホーム開始(開設時:定員4名)

2006(平成18)年
9月30日
知的障害者地域生活援助事業 ホーム夕日廃止

2006(平成18)年
10月1日
共同生活援助事業・共同生活介護事業 「ゼノ」ひまわりホーム開始(開設時:定員5名)
生活支援センターほほえみ内に『生活支援センターほほえみ居宅介護事業所』開設
生活支援センターほほえみ内に『生活支援センターほほえみ移動支援事業所』開設
生活支援センターほほえみ内に『生活支援センターほほえみ相談支援事業所』開設
「ゼノ」こばと園内に『「ゼノ」こばと園相談支援事業所』開設
2007(平成19)年
3月1日
社会就労センターあかつきに『相談支援事業所れん』開設

2007(平成19)年
4月1日
社会就労センター・バク 新事業体系移行により
『障害者支援事業所 ゆめサポート・バク』(多機能型事業所)となる
・生活介護事業
・就労移行支援事業
・就労継続支援B型(生産活動強化型)
2007(平成19)年
10月1日
「ゼノ」なごみの家 新事業体系移行により
『指定障害者支援施設 「ゼノ」なごみの家』となる
・生活介護事業
・施設入所支援事業
・短期入所事業
・日中一時支援事業
2007(平成19)年
10月18日
共同生活援助事業・共同生活介護事業「ゼノ」さくらホーム開始(開設時:定員5名)

2008(平成20)年
3月3日
ちとせ保育園・松尾保育園を統合し、ゆめな保育園となる(統合後:定員120名)

2008(平成20)年
4月1日
「ゼノ」やまびこ学園成人部 施設体系移行により
『指定障害者支援施設 「ゼノ」やまびこ学園成人部』となる
・生活介護事業
・施設入所支援事業
・短期入所事業
・日中一時支援事業
2008(平成20)年
4月1日
社会就労センターあかつき 新事業体系移行により
『障害者支援事業所 あかつき』(多機能型事業所)となる
・生活介護事業
・就労移行支援事業
・就労継続支援B型(生産活動強化型)
・日中一時支援事業
2008(平成20)年
10月1日
社会就労センターわかば 新事業体系移行により
『障害者支援事業所 わかば』(多機能型事業所)となる
・生活介護事業
・就労移行支援事業
・就労継続支援B型(生産活動強化型)
・日中一時支援事業
2009(平成21)年
3月31日
障害者支援事業所あかつき『相談支援事業所れん』廃止

2009(平成21)年
4月1日
共同生活介護事業「ゼノ」ホームたぴあ開始(開設時:定員7名)

2009(平成21)年
4月1日
共同生活援助事業・共同生活介護事業「ゼノ」ホームひだまり開始(開設時:定員4名)

2010(平成22)年
3月31日
生活支援センターほほえみ「短期入所事業」廃止

2010(平成22)年
3月31日
障害者支援事業所ゆめサポート・バク「就労移行支援事業」廃止

2010(平成22)年
4月1日
共同生活介護事業「ゼノ」Home未来開始(開設時:定員10名)
共同生活介護事業「ゼノ」Home輝開始(開設時:定員7名)
2010(平成22)年
4月1日
「ゼノ」やまびこ学園成人部に『生活介護事業所木精』開設(開設時:定員15名)

2010(平成22)年
10月1日
障害者支援事業所あかつきが事業所名称変更を行い、『あかつき』となる
障害者支援事業所わかばが事業所名称変更を行い、『ゆめの木・わかば』となる
障害者支援事業所ゆめサポート・バクが事業所名称変更を行い、『ゆめサポート・バク』となる
2010(平成22)年
11月1日
共同生活介護事業「ゼノ」Homeらん開始(開設時:定員5名)

2011(平成23)年
4月1日
共同生活介護事業「ゼノ」Home絆開始(開設時:定員6名)

2011(平成23)年
4月1日
「ゼノ」こばと園内に『第2こばと園(児童デイサービス事業)』開設
(開設時:定員午前15名、午後10名)
2011(平成23)年
12月1日
通勤センター青雲寮 新事業体系移行により
『「ゼノ」Home青雲』となる
・共同生活援助事業
・共同生活介護事業
2011(平成23)年
12月1日
自立ホーム白雲荘 新事業体系移行により
『「ゼノ」Home白雲』となる
・共同生活援助事業
・共同生活介護事業
2011(平成23)年
12月1日
共同生活援助事業・共同生活介護事業「ゼノ」Homeおおぞら開始(開設時:定員7名)

2011(平成23)年
12月1日
共同生活援助事業・共同生活介護事業「ゼノ」Homeジュピター開始(開設時:定員7名)

2011(平成23)年
12月1日
共同生活援助事業・共同生活介護事業「ゼノ」Home銀河開始(開設時:定員7名)

2012(平成24)年
4月1日
共同生活援助事業・共同生活介護事業「ゼノ」Home夢開始(開設時:定員3名)

2012(平成24)年
4月1日
障害福祉サービス事業『JOBプラスはんど』開設(多機能型事業所 開設時:定員20名)
・生活介護事業
・就労移行支援事業
2012(平成24)年
4月1日
放課後等デイサービス事業『放課後児童デイサービスセンターぷくぷく』開設(開設時:定員18名)

2012(平成24)年
4月1日
「ゼノ」やまびこ学園児童部 児童福祉法改正に伴う施設体系移行により
『障害児入所施設「ゼノ」やまびこ学園児童部』となる
・障害児入所施設(福祉型)
・短期入所事業
・日中一時支援事業
2012(平成24)年
4月1日
「ゼノ」こばと園 児童福祉法改正に伴う施設体系移行により
『障害児通所支援事業所「ゼノ」こばと園』となる
・児童発達支援センター
・保育所等訪問支援事業
・障害児相談支援事業
・特定相談支援事業
・障害児等療育支援事業
2012(平成24)年
4月1日
第2こばと園 児童福祉法改正に伴う施設体系移行により
『児童発達支援事業 第2こばと園』となる
・児童発達支援事業
2012(平成24)年
10月1日
「ゼノ」Home青雲内に『短期入所事業』を開設(開設時:定員7名)

2013(平成25)年
3月31日
あかつき『就労移行支援事業』廃止

2013(平成25)年
4月1日
ゆめサポート・バク内に再度『就労移行支援事業』を開設

2013(平成25)年
4月1日
「ゼノ」第6ホームの主たる事業所を「ゼノ」Home青雲へ変更

2013(平成25)年
4月1日
共同生活援助事業・共同生活介護事業「ゼノ」Home虹開始(開設時:定員7名

2013(平成25)年
4月1日
神辺地区のグループホーム・ケアホームの群編成を変更
・「ゼノ」湯野ホームが事業所名称変更を行い、『「ゼノ」ホームゆの」となる
・「ゼノ」ひまわりホームが事業所名称変更を行い、『「ゼノ」ホームひまわり』となる
・「ゼノ」ホームたぴあ、「ゼノ」ホームゆの、「ゼノ」ホームひまわりを一体的に運営するよう編成し、主たる事業所は「ゼノ」ホームたぴあとなる。
・「ゼノ」ホームそよかぜを開始(定員7名)
・「ゼノ」ホームこもれびを開始(定員7名)
・「ゼノ」ホームせせらぎを開始(定員6名)
・「ゼノ」ホームそよかぜ、「ゼノ」ホームこもれび、「ゼノ」ホームせせらぎは一体的に運営し、主たる事業所は「ゼノ」ホームそよかぜとなる。
・上記6つのホームを総称し『「ゼノ」かんなべの杜』と命名した。
2013(平成25)年
4月1日
生活支援センターほほえみ内に『行動援護事業』を開設

2014(平成26)年
1月1日
障害児相談支援事業所からっと開設

2014(平成26)年
3月31日
JOBプラスはんど『就労移行支援事業』廃止

2014(平成26)年
4月1日
JOBプラスはんど内に『就労継続支援事業B型』を開設

2014(平成26)年
4月1日
相談支援事業所ほっぷ開設

2014(平成26)年
10月1日
「ゼノ」Homeらん、「ゼノ」第2ホーム、「ゼノ」わこうどホーム、「ゼノ」さくらホームが新建物へ引っ越しをする

2015(平成27)年
4月1日
「ゼノ」ホームたぴあ・「ゼノ」ホームそよかぜを統合し、『「ゼノ」かんなべの杜』となる。

2015(平成27)年
4月1日
ゆめな保育園 認定こども園に移行し、名称を『幼保連携型認定こども園ゆめな』に変更

2015(平成27)年
4月1日
福山市より、松永東保育所の移管を受ける。(移管時:定員100名)

2015(平成27)年
5月1日
「ゼノ」Home青雲、「ゼノ」あじさいホームが新建物へ引っ越しをする
併せて、共同生活援助事業「ゼノ」Home大地・「ゼノ」Home太陽を開設(開設時:定員各5名)
2015(平成27)年
7月1日
あかつき内に再度『就労移行支援事業』を開設

2016(平成28)年
4月1日
放課後等デイサービス事業 「ゼノ」こども広場まつなが開設(開設時:定員10名)

2016(平成28)年
4月1日
障害児相談支援事業所からっと 名称を『相談支援事業所「ゼノ」からっと』に変更

2017(平成29)年
2月1日
居宅介護事業所 ケアサポートひなた開設
・居宅介護事業
・重度訪問介護事業
・行動援護事業
2017(平成29)年
3月31日
ゆめサポート・バク『就労移行支援事業』廃止